着物を卒園式に着ていく場合に気を付けたいマナー

お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーがあります。たとえば、卒園式に着物を着ていく場合には、どのように着る必要があるのでしょうか。

1、卒園式に着ても良い着物の種類とは?紋は必要?

kimono_houmongi_yellow2

お祝いの日といっても、細かな格の違いがあります。いまどきで最も格が高いのは結婚式ですが、卒園式のような場合は準礼装でのぞみましょう。 既婚女性の準礼装は、色留袖や訪問着や色無地です。留袖は未婚女性の振袖に匹敵するもので、正装の趣が強くなります。黒留袖は準礼装ではなく既婚女性の第一礼装となり五つ紋にしますが、色留袖でしたら既婚未婚問わず着られますが、五つ紋だと第一礼装、三つ紋や一つ紋だと準礼装となります。卒園式であれば一つ紋でよいでしょう。訪問着はお祝いの席にぴったりですが、卒園式の主役は子ども達なので、あまり華美でないものがオススメです。色無地も気軽に普段使いできる着物ですが、一つ紋で格を上げてフォーマルに着こなすことができます。昔は紋付きの色無地に紋付きの黒の絵羽織というのが、入卒のお母さんの装いでしたが、今では見かける事がなくなりましたね。

2、卒園式にふさわしい着物の色は?

お祝いの日に参列するときは、誰が主役なのかを考えなければなりません。お祝いの日の装いにいろいろなマナーがあるのは、主役を引き立てるという目的もあるからです。卒園式では、主役はもちろん子ども達です。ですから、着物は派手すぎず、保護者にふさわしい落ち着いた着物を選ぶようにします。

kimono_sotsuenshiki_pink

淡いピンクが色が上品な着物は、優しいお母さんのイメージで春の卒園式にふさわしい着物です。少しだけ使われた金糸が、落ち着いた中にも華やぎを添えています。

kimono_sotsuenshiki_yellow

白とベージュをベースにした着物に金糸の刺繍が華やかな一枚。同系色の草花模様が美しい着物です。

kimono_sotsuenshiki_blue

市松模様の同系色が控えめな美しさを感じさせる着物。合わせる帯や小物によって、自分らしい着こなしを楽しめます。

3、帯の種類は?どんな結び方が良いの?

格調高い七宝柄の袋帯。準礼装の装いには、やはりフォーマルの帯をあわせます。地色は優しいクリーム色なので、着物との色あわせをあまり考えなくてもあわせやすい帯です。もちろん結び方は二重太鼓で。

同じ袋帯でも違った雰囲気のものもあります。かすみ柄で控えめな金使いは年代を問わず上品さを演出できます。

4、草履やバックはどんなものが良いの?

kimono_sotsuenshiki_bag

バッグもフォーマルにふさわしいものを選びます。金色の金具がついたバッグは、シックな着物に華やかさを添えます。

kimono_zouri_9

第一礼装ではないので、金銀使いの佐賀錦のような草履はちょっと遠慮したいところ。結婚式と違い自宅から着ていく事を考えると、歩きやすさも重視したいですね。台や鼻緒は淡い色を選ぶとセミフォーマルからカジュアルまで幅広く使えます。

5、髪飾りやアクセサリーはどんなものをすれば良いの?

着物の時には、基本的に洋服のようにネックレスなどのアクセサリーはつけません。一般的につけてよいとされるのは、パールのようにひっかかりの少ない指輪と、かんざしなどの髪飾り、そして帯の中心にくる帯留くらいです。全体の上品さを損なわないように、あまり色が入らないものを選びましょう。

まとめ

卒園式はフォーマルな場ですが、準礼装で装うので着こなしの幅が広がります。お祝いの日の装いとしての華やかさや品格は保ちつつ、自分らしい着こなしを楽しむことができます。

人気記事

  1. 着物を着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか? 実は、その考え方…
  2. お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーが…
  3. コーディネートのアクセントになる帯留。しかし、いざつけるとなるとどう使ったらいいのか戸惑うことも少な…
  4. 着物に合わせるバッグというと、着物店に並んでいる和装バッグでなければいけないと思う人も多いようです。…
  5. 礼装や茶会出席を除いて、どの和装スタイルでも楽しめる帯留め選びは着物を着るときの楽しみの一つです。そ…
  6. 新品で一式揃えるとなると、なかなか高価なのが着物です。いろいろな着物を気軽に楽しみたいという人には、…
  7. 着物には様々な模様があり、着る人見る人を楽しませてくれます。春夏秋冬、季節を選ぶものもあれば、縁起の…
  8. 着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お…
  9. 大切な思い出の着物や、お母さまやお婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか…
  10. 高温多湿な日本では、どうしてもカビが生えやすく、日ごろから注意している人は多いのではないでしょうか。…
PAGE TOP

入会の前にまずは無料体験レッスン

申込みはこちら