着物でお茶会に行く時の【髪型】の注意点と自分でも出来る髪型

着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お茶会に出席する場合は茶席に合うスタイルで和装の髪型をつくることがお勧めです。 ここでご紹介するのは、お茶会に似合う髪型の注意点とアレンジ方法です。

1、お茶会の髪型で気を付けなければならないポイントは?

kimono_jyosei_semi

着物とのバランスを考えた髪型に加え、さまざまな動作が伴うお茶会にふさわしいアレンジが大切です。 お茶会では、お辞儀をする動作なども多く、顔にかかった髪に触れないようにすることが大切です。そのためには、前髪も含めすっきりとまとめた髪型が好まれます。顔にかかった髪をはらうような動作は避けるようにしましょう。

kimono_hair_hairpoece

アクセサリーは落下の恐れのないタイプを選び、控えめな色やデザインのものを使用することがお勧めです。かんざしや櫛など抜け落ちてしまうと、お道具を壊してしまう可能性もあります。まとめたゴムなども隠せるようなアレンジも上品に見えるのでふさわしい髪型のひとつです。

2、お茶会に着物で行く時のおすすめの髪型は?

kimono_jyosei_yoko

成人式や結婚式の素敵なヘアスタイルが似合っていたとしても、和装のときの定番にすることは難しい場合があります。和服に限定された髪型でなくても、シンプルでまとめやすい髪型がお勧めです。 短時間でまとめることのできる髪型には「夜会巻き」があります。お茶会の際には、まとめた毛先を内側に入れてコームでしっかりと止めることがポイントです。ボブスタイルの長さでもまとめることができます。 髪のボリュームや長さにもよりますが、三つ編みにした髪をシニョンにまとめるスタイルもおしゃれな髪型です。お茶会の場合は、髪をまとめる場所を低めにすることが落ち着いた雰囲気を出せるので、バランスのよい髪型といえます。 ショートヘアの場合でも、お席についているときに髪に触れないで済むように、まとめることが必要です。前髪だけにバレッタなどを使用することもできますし、両サイドの髪を耳にかけるだけでなく、止めておくこともできます。

3、自分でも出来る!着物に合う髪型

kimono_hair_short

 

kimono_hair_bobu

 

ここではお茶会にお勧めな基本の「夜会巻き」をご紹介します。

kimono_komono_kamikazari

【準備したい道具やアイテム】

  • ブラシ(髪全体を溶かすため)
  • コーム(少し目の細かいもの)
  • ゴム
  • かんざし(夜会巻き用のかんざしが最適)
  • アメリカピン(しっかり髪を止めるため)
  • 片方もしくは両方曲げたUピン
  • 無香料のワックスやハードスプレー

kimono_komono_kamikazari2

【手順】

1.髪がストレートの場合やまとまりにくい場合は、アイロンなどで毛先をカールしておくことがお勧めです。

2.髪の全体を後ろに向かってとかし、流れをつけておきます。

3.無香料のワックスを少しとって、髪の生え際などにしっかりをつけて、全体に馴染ませましょう。

4.その後、ブラシで後ろにとかし、1つにまとめて持ちます。

5.持っている部分から、“の”虹になるように手を動かしながら、時計回りに髪をねじり、毛先の方までしっかりとねじり上に持ってきます。

6.ポニーテールの位置ぐらいを目指して、引っ張りながら高めの位置までねじりあげ、毛先を内側に入れます。

7.緩んでいると崩れてくるので、ねじれないところまでしっかりねじり、出てしまっている部分は毛先をまとめて内側に入れます。

8.髪の表面をとかすようにしながら中に入れ、かんざしの裏面が見える様に持ちながら髪を中に入れます。

9.髪の表面にかんざしを入れ、しっかりと突き通して表面に見えるようにし、奥までしっかりと挿します。

10.かんざしを挿したまま、折り返すように反対側へ持っていき、かんざしを頭に対して垂直になる様に縦に起こします。

11.垂直に立てたかんざしを反対側に倒して、かんざしの表面が見える様にします。そのとき、かんざしに巻いた髪がささるように挿しこみます。

12.まとめた髪の表面全体をコームでなでるように溶かして、前から後ろのまとめている部分に向かってとかします。

13.まとめた部分の髪やはみ出してしまった毛をUピンで留めて中に入れます。

14.高さが出てボリューム感が出てしまった場合は、Uピンを上から下に挿して押さえます。

15.全体の髪がまとまったなら、無香料のスプレーを全体にかけて、襟足やモミアゲのおくれ毛を固定します。 …これで.完成になります!

まとめ

お茶会は着物の魅力が伝わる伝統の席でもあります。髪型もすっきりとまとめて、凛とした姿で出席したいところです。髪の長さやボリュームにもよりますが、おしゃれで着物に似合う髪型にアレンジして出席してみてください。

人気記事

  1. 着物を着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか? 実は、その考え方…
  2. お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーが…
  3. コーディネートのアクセントになる帯留。しかし、いざつけるとなるとどう使ったらいいのか戸惑うことも少な…
  4. 着物に合わせるバッグというと、着物店に並んでいる和装バッグでなければいけないと思う人も多いようです。…
  5. 礼装や茶会出席を除いて、どの和装スタイルでも楽しめる帯留め選びは着物を着るときの楽しみの一つです。そ…
  6. 新品で一式揃えるとなると、なかなか高価なのが着物です。いろいろな着物を気軽に楽しみたいという人には、…
  7. 着物には様々な模様があり、着る人見る人を楽しませてくれます。春夏秋冬、季節を選ぶものもあれば、縁起の…
  8. 着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お…
  9. 大切な思い出の着物や、お母さまやお婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか…
  10. 高温多湿な日本では、どうしてもカビが生えやすく、日ごろから注意している人は多いのではないでしょうか。…
PAGE TOP

入会の前にまずは無料体験レッスン

申込みはこちら