着付け教室に通ったら資格は取れる?どんな資格が取れるの

着物を楽しんでいるうちに、自分も資格を取って着付け教室を開きたいと考え始める方は少なくありません。そんな方のために、着付け教室で取れる資格や、着付け教室を開くためにどんな資格が必要なのかなどについてご紹介します。

■着付け・着物の資格にはどんな種類があるの?

kimono_kitsukekyousitu
まずは、着付けや着物に関する資格についてです。

着付けの資格は、そのほとんどが民間資格です。代表的なものに、「着付講師認定証」「着物着付講師」「きもの講師」「着物免許」「着付け師」「きものスペシャリスト技能検定」「きものコンサルタント」などがあります。

着付けに関する国家資格には、2009年に誕生した「着付け技能士」という資格があります。

そのほかの着物に関する資格には、「きもの文化検定」などが挙げられます。また、着物を作る和裁士の「和裁技能士」「和裁検定」などの資格もあります。

■着付け教室に通えば資格は取れる?

民間の資格は、その資格を出している着付け教室に通い、規定のカリキュラムを修了すれば取れるものがほとんどです。ですから、着付け教室に通うことは、資格をとるためには必要なことだと言えるでしょう。
国家資格である「着付け技能士」の場合は、特定の講座に通う必要はありません。受験資格として一定期間以上の実務経験が必要ですが、これを満たしていれば着付け教室に改めて通うことなく受験し、資格を取ることができます。

(1)どのくらいの期間で取れる?

shutterstock_495167809
着付け教室に通い始めてから資格を取れるようになるまでの期間はさまざまですが、初心者からスタートする場合は、だいたい半年~1年以上かかるところがほとんど。花嫁衣装を着付けることができる資格を取るためには、2年近くかかるケースもあります。
いつかは資格をとりたい、とのんびり余裕を持って資格取得に取り組むのか、仕事に使うためにいつまでに資格を取りたい、とはっきり期限を区切って取り組むのか。資格取得をする際には、取得にどれだけの時間をかけられるかも考えながら教室を選ぶといいでしょう。

(2)難易度は?

kimono_kitsukekyousitu_shidou
資格取得に必要な難易度は、それぞれの資格によって変わります。しかし、人に着付ける、あるいは教室を開けるようなレベルとなると、人に着物をきれいに着付ける技術はもちろんのこと、着物の名前、種類、TPO、帯の種類、結び方、コーディネート、場合によっては立ち居振る舞いなどのマナーに関する知識まで問われることになります。決して低いとはいえない技能・知識が求められると考えていいのではないでしょうか。
とはいえ、どの着付け教室においても、資格取得のためのコースは時間をかけてこれらの知識を身につけることができるようにしています。あせらずじっくり学んでいれば、特に心配はありません。

(3)費用はどれくらいかかる?

shutterstock_521303329

気になる費用についてですが、これもそれぞれの資格によって異なります。
民間資格の場合は、その資格取得のための講座を受講する必要があります。前述のとおり、どの講座もだいたい修了までに1年程度かかります。また、個人的に趣味で楽しむコースは比較的安価なものが多いのですが、資格取得を目標とした講座は全体的に受講料が高めになる傾向があります。具体的には、約10万円あるいはそれ以上かかると考えていいでしょう。

国家資格である「着付け技能士」の場合は、講座を受講する必要はありません。受験料として、学科試験に8,900円、実技試験に18,500円がかかるだけです。ですから、一番安価に資格を取得したいのであれば「着付け技能士」がよいかもしれません。
着付け技能士の試験を受けるには実務経験が必要ですが、着付けの実務経験を積むのは、着付け未経験、あるいはそれに近い状態からでも可能です。たとえばブライダル業界などでは、着付けのアシスタントの募集がかかることがあります。未経験でも採用されるケースがあるので、このような求人に応募してみるというのもひとつの方法でしょう。

■どの着物の資格を取れば自宅で教室が開ける?

着付けの教室を開くのには、基本的に資格は必要ありません。とはいえ、やはり人を集める際には、第三者から見てわかりやすい資格があったほうが有利でしょう。そこで、目安となる資格をいくつか挙げておきます。

・着物免許 3級上級師範
・きものプロスペシャリスト 准1級
・一級着付講師

自宅で着付け教室を開くのを目標にしている方は、上記の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

まとめ

着付けや着物に関する資格は、民間資格がほとんど。そのレベルや、取得にかかる期間や費用もさまざまです。もし資格を取りたいと思ったら、まずはその資格の内容、かかる期間や費用をしっかり調べ、ほかの資格と比較検討することをおすすめします。

人気記事

  1. 着物を着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか? 実は、その考え方…
  2. お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーが…
  3. コーディネートのアクセントになる帯留。しかし、いざつけるとなるとどう使ったらいいのか戸惑うことも少な…
  4. 着物に合わせるバッグというと、着物店に並んでいる和装バッグでなければいけないと思う人も多いようです。…
  5. 礼装や茶会出席を除いて、どの和装スタイルでも楽しめる帯留め選びは着物を着るときの楽しみの一つです。そ…
  6. 新品で一式揃えるとなると、なかなか高価なのが着物です。いろいろな着物を気軽に楽しみたいという人には、…
  7. 着物には様々な模様があり、着る人見る人を楽しませてくれます。春夏秋冬、季節を選ぶものもあれば、縁起の…
  8. 着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お…
  9. 大切な思い出の着物や、お母さまやお婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか…
  10. 高温多湿な日本では、どうしてもカビが生えやすく、日ごろから注意している人は多いのではないでしょうか。…
PAGE TOP

入会の前にまずは無料体験レッスン

申込みはこちら