大切な着物を守るために!着物の収納の基本

着物や帯は高価なものですから、管理をしっかりしておく必要があります。着物を持つなら、どこにどう収納すればよいのか、保管する際には何に気をつければよいのかなど、大事な着物をしっかり管理する方法を知っておきましょう。

■着物はどんなものに収納するのがベスト?

shutterstock_101983867

大事な着物を保管しておくのに最も適しているのは、桐箪笥もしくはケースです。着物が嫌うのは虫と湿気ですが、桐には独自の防虫成分が含まれており、防湿効果に優れています。また、天然木には自然の調湿作用があり、湿気を寄せ付けにくいという性質があります。さらに、桐箪笥には燃えにくいという特徴がありますから、高価な着物を保管するのに適しているのです。

桐製でない箪笥やクローゼットの場合には、天気の良い日に扉を開けて湿度を調節するとよいでしょう。収納ケースとしてはポリエチレン製や段ボール製もありますが、ポリエチレン製は通気性が悪いので着物が蒸れてしまいます。また、段ボール製ケースもありますが、紙が湿気を吸うので着物のカビの原因になることがあります。いずれの場合も、使用する場合は湿度に注意しておく必要があります。

■収納する前にやっておかないと大変なことに!?(お手入れ・虫干し)

kimono_kitaato_hanga

着物は収納する前のお手入れが大事です。汚れは放っておくとシミになるので、しっかりチェックします。保管している間にシワにならないよう、正しくきれいにたたむことも必要です。

そして、きれいに収納した後も、定期的にお手入れが必要になります。年に1、2回程度は虫干しをしましょう。湿気の少ない季節を選んで、着物を吊るし干しします。一般に晴天が続いた冬の日に行うとよいとされています。干すのは天気のよい日の10:00〜16:00くらいまで。早朝や夕方などは湿度が上がるので避けます。また、日光にあたると色焼け・色あせするので陰干しします。

■着物は「たとう紙」に必ず包まないとダメ?

kimono_syuunou_tatousi_kimono

着物を収納するときは、きちんと畳んだ上で1枚ずつたとう紙に包んで収納するのが一般的です。たとう紙に包まなくてはいけなという決まりはありませんが、収納するメリットは次のようにいろいろあります。

・シワになりにくい
・シミがあっても他の着物を汚しにくい
・表に着物の種類を書いておけば、着たいものを探しやすい
・着物を汚さずに保管できる

■どんな場所に収納するのが良いの?(日当たり・湿気、防虫剤など)

shutterstock_520722349

着物を傷めるのは、なんといっても湿気です。湿気が多いと着物にカビが生えて着物地を傷めます。特に、日本は高温多湿なので湿気の注意を払う必要があります。

たんすにしまう時のしまい方にもひと工夫します。何段もあるたんすは、下段が湿気が籠りやすく、上段にいくにつれて湿気が少なくなります。ですから、虫がつきやすい着物や高価な着物は上段の引き出しにしまうようにします。

虫の問題ですが、正絹の着物は虫の心配はほとんどないですが、ウールの着物は虫の被害にあうこともあります。できれば天然成分の防虫剤を使って虫を予防しましょう。化繊の洗える着物は虫の心配はありません。正絹は正絹どうし、ウールはウールどうし、素材が同じ物同士でまとめておくと、防虫剤の使い分けなどができるのでおすすめです。防虫剤や乾燥剤を使う場合は、1種類にしないと薬剤同士が化学反応を起こして変色の原因になるので注意します。

また、日光の問題ですが、着物は日光にあたることで色あせします。ですから、日光があたらないところに保管します。

■小物はどうやって収納すれば良いの?

 

小物類は次のようにして、それぞれ保管します。

◎帯

kimono_obi

基本的に着物と同じようにきちんと畳んで保管します。着物とは別に保管しておくほうがよいです。

◎草履

kimono_komono_zouri-2
通気性のよいところに箱に入れて保管します。ビニール袋などは草履にくっついてしまうことがあるので使いません。

◎その他

kimono_houmongi_3set_2
紐、前板、足袋などは一カ所にまとめておきます。こちらはプラスチックケースにいれておいても大丈夫です。

■あの着物はどこ?から抜け出す上手な着物の収納術

kimono_syuunou_kimonomakura

着物の数が多くなってくると、上手に収納しないと必要なときにさっと取り出すことができません。ポイントは素材ごとに分類したり、用途ごとに分けておくこと。正絹、木綿、ウールなどに分けておく、訪問着、付下げ、留袖などに分けておくなどしておけば、いざというときに探すことが少なくて済みます。

重ねて数枚入れるときは、交互に入れて着物の型くずれやシワを防ぎます。それでも5枚以上は重ねないほうが無難です。

まとめ

大事な着物ですから、細心の注意を払って上手に保管しておきたいものです。一番注意しなければならないのは湿気対策です。常に通気性をよくして保管することが大事です。

人気記事

  1. 着物を着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか? 実は、その考え方…
  2. お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーが…
  3. コーディネートのアクセントになる帯留。しかし、いざつけるとなるとどう使ったらいいのか戸惑うことも少な…
  4. 着物に合わせるバッグというと、着物店に並んでいる和装バッグでなければいけないと思う人も多いようです。…
  5. 礼装や茶会出席を除いて、どの和装スタイルでも楽しめる帯留め選びは着物を着るときの楽しみの一つです。そ…
  6. 新品で一式揃えるとなると、なかなか高価なのが着物です。いろいろな着物を気軽に楽しみたいという人には、…
  7. 着物には様々な模様があり、着る人見る人を楽しませてくれます。春夏秋冬、季節を選ぶものもあれば、縁起の…
  8. 着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お…
  9. 大切な思い出の着物や、お母さまやお婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか…
  10. 高温多湿な日本では、どうしてもカビが生えやすく、日ごろから注意している人は多いのではないでしょうか。…
PAGE TOP

入会の前にまずは無料体験レッスン

申込みはこちら