お茶会にどの着物を着れば良いの?気を付けるべきマナーとは?

最近【お茶会】というと、ティー&ケーキと思われる方も増えてきましたが、今回は日本の伝統文化の一つ【茶道】のお茶会です。
お誘いを受けても、マナーが分からないと二の足を踏んでしまいますよね。でもポイントを押さえれば大丈夫。お茶会を着物で楽しむために、色々な疑問にお答えします!

1、お茶会に着ても良い着物の種類と柄

ochakai_image

お茶といったら、お点前(てまえ)やお作法を学ぶ上でも、着物は必需品です。でも実際お茶会に行くとしたら・・・悩むところですよね。 一番お勧めなのは【無地の着物】。最初に揃えるにも、季節感の無いタイプが、長く着られます。その際、一つ紋があれば、幅広いシチュエーションに対応する事ができ、重宝します。 花柄の着物は、季節に注意することが必要です。お茶の世界は、季節を重要と考えていますから、間違っても季節外れの柄にならないようにしましょう。ポイントは、季節を早め早めにもってくること。実際の花が咲くタイミングよりも、半月程度早い感覚で着物を用意できれば、素敵です。

2、季節による着物の違い

kimono_kisetubetu_jiki

季節の変化がある日本では、着物の装いも変わります。 1年の大半を占める袷(あわせ)ですが、これは裏地のある着物のことです。透ける心配も無い変わりに、夏場になると暑くて着ることはありません。着用は10月~5月中旬になります。 5月後半から6月、9月は単(ひとえ)と言って、裏地の無い着物です。それに伴い、長襦袢も単用に。帯揚げも薄手の綸子にすると、見た目も涼しくなります。 7月、8月と言った盛夏は、薄物に変えなくてはいけません。絽(ろ)や紗(しゃ)の着物が一般的です。もちろん帯や帯揚げ、帯締めも絽や紗の品に変えます。着物が透けても大丈夫な絽や紗用の長襦袢を用い、半襟も夏物に。見ためにはさわやかな印象になりますが、作りがしっかりしているので、それほど涼しく無い!それが夏の着物です。

3、帯はどんなものを組み合わせれば良いの?

kimono_obi_hitoe

狭いお茶席では、正座が基本ですから、意外と着物の裾模様等は気にならないものなのです。目立つのは【帯】 先客の方は勿論、お点前をされる方の帯にも自然と目がいきます。 帯は、織りの袋帯、そして次に名古屋帯を揃えましょう。染めの帯なら、格式のある古典柄。色々な場面で幅広く組み合わせをする事が出来ます。

4、着物の格も意識して選ぼう

kimono_houmongi_pink

お茶会といっても、実は様々な会があり、格もまちまちです。格式ある茶事は、礼装OKと言われていますが、お稽古茶会で、礼服を着て行ったらアウト!難しいですね。ポイントをチェックしてみましょう。

・初釜や利休忌等の茶事・茶会は、お茶会の中でも格式が高いと言われています。この場合は、いつもより華やかに装うことがポイントです。色留袖や訪問着、色無地(染め抜きの一つ又は三つ紋)、振袖に古典柄の袋帯を付けましょう。

・月釜・初釜・親しいお仲間の茶会は、訪問着、付け下げ、色無地や江戸小紋(染め抜きの一つ紋、縫い三つ又は一つ紋、洒落紋もOK)に古典柄の袋帯や名古屋帯。

・普段のお稽古やイベントでのお茶会(一般の人も立ち寄るお茶会)なら、小紋や紬といった普段着で。この場合はカジュアルな装いということで、紋無しでも良いでしょう。あっても、一つ紋程度に。帯も名古屋帯か洒落袋帯で、仰々しくないことを心がけます。

5、お茶会には何を持って行けば良い?

kimono_bag_totebag_purple

お客様としてお茶会に行く場合は、扇子・出し袱紗・懐紙・菓子切り(楊枝)が必要です。扇子も楊枝も専門の品が必要ですから、無い場合は一度購入しましょう。お茶屋さんに行けば、入れ物とセットで売っています。 白足袋も、交換できる足袋を持っていくか、家を出る時に足袋カバーを履いて、足袋を汚さない工夫が必要です。

6、お茶会時に気を付けたいこと(ルールとマナー)

着物を着る時に、着付けに注意しましょう。 何と言っても、お茶席は狭く大変です。帯結びが大きいと、壁やお隣の方にぶつかってしまいますから、膨らみの少ない帯結びにすることがマナーです。 また、お茶碗を傷つけないように、指輪も結婚指輪以外は、外していきましょう。 周りの方や相手の方の身になって考えれば、ルールやマナーは自然と分かる・・・思いやりの心を持つことが、お茶席での心得です。

まとめ

お茶のお稽古をしていると、自然と立ち居振る舞いが身につくと言われています。着物を着ていれば、尚更です。
敷居が高いと思われている【お茶会】ですが、ちょっとした事に注意すれば大丈夫。是非一度、行ってみませんか?楽しい出会いがあるかも知れません。

人気記事

  1. 着物を着たときの履物、草履。履物だから靴と同じように選べばいいと思っていませんか? 実は、その考え方…
  2. お祝いの日の装いとしてふさわしい着物姿。ただし、式典に出席する場合には、着こなしのさまざまなマナーが…
  3. コーディネートのアクセントになる帯留。しかし、いざつけるとなるとどう使ったらいいのか戸惑うことも少な…
  4. 着物に合わせるバッグというと、着物店に並んでいる和装バッグでなければいけないと思う人も多いようです。…
  5. 礼装や茶会出席を除いて、どの和装スタイルでも楽しめる帯留め選びは着物を着るときの楽しみの一つです。そ…
  6. 新品で一式揃えるとなると、なかなか高価なのが着物です。いろいろな着物を気軽に楽しみたいという人には、…
  7. 着物には様々な模様があり、着る人見る人を楽しませてくれます。春夏秋冬、季節を選ぶものもあれば、縁起の…
  8. 着物にTPOがあるように、着物に合う髪型にもTPOがあります。成人式や結婚式の場合の髪型とは違い、お…
  9. 大切な思い出の着物や、お母さまやお婆さまから譲り受けた着物など、古くても価値のある着物をお持ちですか…
  10. 高温多湿な日本では、どうしてもカビが生えやすく、日ごろから注意している人は多いのではないでしょうか。…
PAGE TOP

入会の前にまずは無料体験レッスン

申込みはこちら